FC2ブログ

今日のあの日

►2019/03/11 09:23 

私の住んでいる街の当時の様子はこちらです。

私が非難した場所から3月13日の朝に自宅まで歩いて帰った道の写真も載っています。

冷たい水がまだ引かない中、瓦礫の中に足が入ってしまい抜け出せないでいると、歩いてきたおじさんが引っ張ってくれて助かりました。

自宅の下の方は津波で押し寄せたたくさんの車や瓦礫が炎上し、避難命令がでたと電話で聞いた切り不通になった為、家が燃えてしまっていないか家に着くまでとても不安でした・・・。


赤で囲まれた部分は当時の言葉で『壊滅状態』。
無題

黒い部分は丘になっていて孤立状態。約一週間後電気が復活し、水道は10日後位だったと思います。

真冬じゃなかったら、食料がもたなかったかもしれません。

避難所に行った方が、食料の配布があったりして良かったようですが、経験もなく、知る手段もありませんでした。






こういうのが一つあればやっぱり便利




家族が少なければこっちでも十分



携帯の充電もソーラーがなかったら大変でした。




家の近くの指定避難場所の確認も必須です。

指定じゃないと、救助も物資も来ません。





今年も震災でお亡くなりになったすべての人のご冥福をお祈りいたします。



数ある中の一つだけど時間がある時にこの記事も読んでみてください。





たくさんのご縁がありますように

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 手作りパン - ジャンル : 趣味・実用

その他Comment(1)Trackback(0) | Top ▲

コメント

ほの榎さんおはよう♡
あれからもう8年。。。
写真見るとやっぱりすごかったことがわかるね。。。

記事見て見たら、ハザードマップもあてにならないんだね!
今日も幼稚園とかで避難訓練してるよ。
静岡県も私が子供の頃から東海地震が地震がくるくる言われて訓練かなりやってるから、そういうのいざという時に少しでも役立つといいな。

電気も水道も復旧にそんなにかかったんだね(;O;)
もう一度おうちの備えや避難場所とか見直そうと思います!


2019/03/11 10:21 | ☆子 URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する