3.11

►2017/03/15 11:31 

2011.3.13 

地盤が下がって水の引かない中を靴のまま膝まで冷たい水に浸かり、瓦礫をかきわけ、歩いて家に戻った時に見た風景です。

23067951_1048731867_31large.jpg

私の家は丘に建っていますが、南側の斜面の為、前の家一列を残し、その下が全部津波で流されました。

旦那の育った前の家とお義父さんの実家が流され、私の母親の実家は床上浸水、親戚の叔母はまだ見つかっていません。同僚は3人亡くなりました。


6年たった今、忘れてしまったこともあるけど、水が流れ込んできた時の現実味のなさ。

(私が祖父母を探しに入ったのは川沿いの小学校で二階の床まで水がきました。

窓から外を見ると車があっという間に塀に乗り、川には家が流れて濁流とともに上流に流され、

校庭のゴールポストはすぐに見えなくなりました)


冷凍庫の食べ物がいつまでもつのか不安に思ったこと。

(お店が開いたのは一週間以上もたった後で、乾物や缶詰等しか売ってませんでした)

寒い中に数時間並んでやっとペットボトル2本の水が手に入ったこと。

(給水車が各県から来てくれましたが、もちろん制限もあり、たいした入れ物も無く・・・)やっぱり色々思い出します。


当日のことを書き留めたものがあるので、この話はまた後日。


いろいろなイベントが当日は各地であって、去年は上の写真の場所であった灯篭を見に行きました。
12829386_586654154831535_5909437609531120611_o.jpg

上から見ると『3.11』となっています。今年もやっていました。
12240355_586654131498204_3612138127720087200_o.jpg
私ときっちゃんが見ているところ、ニュースゼロで放送されたそうです・・・。


鎮魂の光。
12813970_586654214831529_8010961238385489400_n.jpg




私以上に辛い思いやひどいことがあった人はたくさんいらっしゃるとは思いますが、もう誰にもこんな思いはしてほしくないと、毎年改めて思います。

そして当時に受けた、みなさんの支援への感謝もいつまでも忘れないでいようと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 手作りパン - ジャンル : 趣味・実用

その他Comment(3) | Top ▲

コメント

ほの榎さんこんばんは。

写真、すごいですね。。。
本当につらい体験ですね。
6年前なんて思えないくらいつい最近のことのように感じます。
きっちゃんも小さかったから、物のない中、本当に大変な思いをされたのだと思います。

私が住んでいる静岡県も、子供の頃から東海地震が来る来る言われていまだに来ないままです。
普通の生活ができることに日々感謝して生活しないといけないと思いました。

今おうちで食べている東北のお米美味しいです。
少しでも復興につながるように、遠くからできることを少しでも。。。


2017/03/15 20:10 | ☆子 URL編集 ]

とても悲しい経験でしたね。石巻はかなり被害が大きいことを知っていましたが、
ほの榎さんの記事を読んで、そこにいた人達の悲しみを思いました。
なかなか復興は進んでいませんが、ほの榎さんがいつも楽しみを見つけて
暮らしているように、津波の被害に遭われた方達の心が、明るい方へ向かって
いることを祈ります。
(3.11のことを思い出し、自分の中で言いたいことがまとまらず、コメント
遅れました…)


2017/03/16 10:31 | そら URL[ 編集 ]

ほの榎さん・・・
当時はきっちゃんも小さくてそれはそれは不安でしたよね。
遠くは慣れた我が家でさえも全く水と食料が手に入らず、あと数ヶ月早く妊婦になっていたらどうしたんだろうと。妊娠してから思いを馳せたものでした。。。

支援への感謝の気持ち。なるほど〜と感じました。
被災地から遠く離れていてもたくさんの気持ちを少しばかりですが共有できたり感じる事がったりしたのですが。
切羽詰まった被災地でしか知れないのは感謝の気持ちなのかもしれないですね。そんな言葉を聞けると奮い立つものがあります(^^)


2017/03/17 20:19 | sumiko URL編集 ]

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する